ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

ドナー登録から骨髄提供までの体験を綴った主婦ブログ。一人でも多くの患者さんの命が救われますように。

★骨髄関係記事

ドナー登録=骨髄提供だけではない。末梢血幹細胞提供もあります。

白血病を救うには骨髄移植というイメージがあるかもしれまんが、末梢血幹細胞移植という方法もあります。そもそも、白血病=骨髄移植しないとすぐ死んでしまうというわけではないし、骨髄移植したからといって必ず命が助かるというわけではありません。 白血…

骨髄ブログ、ツイッターの世界へ

先日、ブログサークルに「ツイッターでシェアしました」とメッセージを残してくださった方がいました。しばらくツイッターを開いていなかったのですが、開いてみて「骨髄バンク」を検索してみたところ、たくさんの人が、ドナー登録してきましたとつぶやいて…

骨髄バンクから適合通知が届いたら、一週間以内に返信を

コーディネートのお知らせ(適合通知)は突然届く 適合通知、つまり骨髄バンクの登録患者さんのHLA型(白血球の型)が一致したというお知らせは、B5サイズの「ドナーのためのハンドブック」という冊子と一緒に、ある日突然届きます。 それらが届いたら、1…

骨髄提供は自発的意思で

ドナー登録するときから、けっして登録お願いしますとは言われません。献血があんなにアピールして、アイスクリームはじめいろいろなプレゼントを用意しているのに対し、ドナーには何もありません。もらったものは、登録したときに蛍光ペン、確認検査のとき…

瘤(こぶ) と熱さと唇の腫れと喉の違和感、そして痒い

骨髄提供は、いうほどたいしたことなかったと書いてきましたが、 骨髄採取の後、痛みの他にこのような症状がありました。 熱が出る 患部が熱く感じる 患部がコブになっている 唇のしびれ、腫れ 喉の違和感 テープにかぶれて痒い 熱は37度ぐらいで、だるく…

私が「骨髄ブログ」を書き始めた理由

私は、昨年骨髄提供しました。その体験をまとめたい。できれば本にしたいと思っていました。昨年、俳優の木下ほうかさんが「僕が骨髄提供した理由」という本を出されました。 その本は、今年になってから読みましたが、骨髄提供したことを過去にブログに綴っ…

初めての全身麻酔(2)

骨髄採取手術で人生初の全身麻酔をしたわけですが、心配していた副作用や後遺症はありませんでした。朝9時、手術室に入り、台の上に仰向けに寝るとすぐ口元に麻酔のマスクがあてられ...そのあと、とんとんと肩をたたかれ「終わりましたよ」と言われました。…

骨髄バンクに登録したら、家族や上司に言っておきましょう

骨髄バンクにドナー登録すると、郵便で「骨髄バンクニュース」が届くようになります。急に届いたら家族もびっくりするので、届く前に言っておきましょう。 会社の上司にも、「登録したので、適合通知が来てドナーになったら1週間ぐらい会社を休みます。来た…

最終同意、第三者の立会人が外国人?!

確認検査を受け、ドナーに選定されると、 最終同意面談にすすみます。ドナー本人、家族、医師、コーディネーターさん、そして第三者で行います。最終同意には 第三者の立ち会いが必要です 。確認検査を受けた病院で行いました。 第三者の立会人は骨髄バンク…

ドナー手帳

最終同意の後、「ドナー手帳」をもらいます。 骨髄採取までのスケジュールを書き込んでいくようになっています。 なるべく持ち歩いて、何かあったときにはすぐコーディネーターさんに連絡できるようにしていました。 手術が終わった安心感で手帳のことはすっ…

究極のボランティア、骨髄提供。

ドナーにとってメリットのない骨髄提供。いろいろなボランティアがある中でも、趣味や特技を活かして楽しく参加するボランティアとは一線を画しています。やりたくてするものじゃない、できれば適合通知は来ないほうがいい。適合通知がきたということは、病…

手術日や病院名をSNSに投稿してはいけない

骨髄バンクのHPによると、2018年1月の移植件数は86人。手術が平日に行われるとして、1日3~4回の骨髄移植が行われている計算になります。ドナーと患者はお互い住んでいる地方と年代(?歳代)と性別しか知ることはできません。SNSでリアルタイムに投…

初めての全身麻酔(1)

骨髄を採取する手術は全身麻酔で行われます。私はいままで大きな病気や怪我をしたことがなかったので、全身麻酔をしたことがありませんでした。部分麻酔もありません。歯医者での麻酔しか経験がありませんでした。 全身麻酔したらどうなるのだろう。職場の人…

骨髄ドナーは簡単には見つからない

赤血球の血液型に、A,B,AB,O型といった型があるように、白血球にも血液型があり、白血球の型(HLA)は数万通りあります。 日本人はHLAが似ている人が多く、ドナー登録者が48万人を超え、骨髄バンクに登録した国内の患者さんの95%がHLA適…

求む!健康で責任感の強い人

ブログにまったく縁のなかった私がブログを始めて6日。わからないことだらけで試行錯誤の毎日です。このブログで伝えたいことはただひとつ。 骨髄提供はたいしたことではないので、健康で責任感の強い人はドナー登録してみてはどうでしょう。 これからも毎…

手術のリスクよりも、健康を維持して責任が無事に果たせるかが怖い

骨髄ドナー候補者に選ばれると、確認検査という血液検査があり、その後ドナーに選定されましたという連絡がきて、最終同意にすすみます。 ドナー候補者は複数いた可能性がありますが、ドナーに選定されるのは一人です。ドナー候補者がひとりしかいないという…

骨髄提供手術終わったときの安心感は出産を終えたときと同じ

手術まで数か月、健康に注意し、怪我をしないように、細心の注意を払って生活しました。 激しい運動をしない、栄養に気をつける、風邪ひかないように… まさに妊娠中と一緒。手術を終えたあとも、やっと終わった!無事に責任を果たせた!という喜びと襲ってく…

ドナーに選定されても使っていい薬がある

ドナーに選定されたら、いっさい薬は飲めないし、塗り薬もだめ…とコーディネイト開始時に事務局の方から電話でいわれて、しばらく薬を使わない生活をしてみました。 私はじんましんがよくでるので、かゆみをおさえるために保冷剤で冷やしてみましたが数日で…

紫外線アレルギー、じんましん、喉が弱い

骨髄提供できたからといって、完璧な健康体ではありません。数年前のある日突然、紫外線アレルギーを発症しました。これは日焼け止めを塗ることで予防しています。夏は紫外線カットのパーカーや手袋でガード。帽子、日傘もかかせません。 Sotia 折りたたみ傘…

骨髄提供手術の傷跡

骨髄提供手術にメスは使いません。ボールペンの芯ぐらいの太さの注射針で腰の後ろ側、おしりの上の骨盤あたりから注射針をさし、腸骨にあたったらぐりぐりと骨に穴をあけ10ミリリットルぐらいずつ吸引します。 私の場合、ヘモグロビンが多い非常にいい血だ…

献血に行ってみよう

骨髄ドナー登録に興味をもっているけど、まだ献血に行ったことがない方は、献血ルームにいってみましょう。献血バスでの献血しか経験のなかった私が、去年初めて献血ルームに行きました。約20年ぶりの献血でした。広くて綺麗でロッカーもあって最新の雑誌や…

骨髄ドナーになるメリット

メリットは、自分が骨髄提供できるほどの健康な体であるとわかったことぐらいでしょうか。5000円の入院支度金を入院当日もらいましたが、テレビカードを買ったり、飲み物を買ったりしたので得したと感じるほどの金額ではありません。仕事も1週間は休ま…

主婦でもできた、骨髄提供。

私がドナー登録をしたのは昨年3月。登録のきっかけから書くと、とても長くなってしまいますのでのちのち書いていくことにします。 ドナー登録を迷っている人のために、 私にしか伝えられないことを優先に書いていきたいと思います。 私には子供が二人います…

順番は逆ですが、骨髄提供後の痛みって・・・

ドナー登録したいけど、痛みとか後遺症とかが怖い… と思うのは当然のこと。術後の回復は人それぞれみたいで 私の場合は、3週間後には違和感なく動けるようになりました。 術後2週間ぐらいは、しゃがんだりする動作に痛みを感じていました。 今は後遺症もな…

骨髄ドナーになりました

昨年12月、骨髄提供しました。ドナー登録しようか迷っている人のためにブログを立ち上げました。 ひとりでも登録者が増えればいいなと思います。 ドナー登録しても、通知がこない人もいれば、 すぐくる人もいます。 まずは少しの勇気を出してみましょう。 …

初ブログ開設!

先日、池江璃花子選手が白血病を公表しました。 骨髄バンクに問い合わせが多くなっているとのこと。 昨年、私は骨髄提供をしました。 この体験をこれから書いていこうと思います。 とりあえず、お試し投稿です。