ほおずきれいこの骨髄ブログ・2nd season

ドナー登録から骨髄提供までの体験を綴った主婦ブログ。一人でも多くの患者さんの命が救われますように。

明後日か明々後日ぐらいに一部分が消える記事

 

f:id:hoozukireiko:20190905114303j:plain

縁あって応援している東海地区で活躍しているお笑いコンビ、ウェイウェイズさんのラジオで、また、私のユーチューブ番組を放送していただきました。二回目です。

ラジオといってもMID-FM761というコミュニティラジオです。

月1回金曜日24:00から25:00「Infinity! -New Era -」がウェイウェイズさんの担当の日です。その番組中のコーナーのひとつに、お笑い芸人、戦士ティブマイハートさんがユーチューブでやっている「一分間のどうでもいい話」の形式でどうでもいい話のお便りを募集しています。

そんなこととはつゆ知らず、私がたまたまnoteでフォロワーになった戦士ティブマイハートさんのユーチューブを見るようになり、「1分間のどうでもいい話」の真似をして「30秒の悲しい話」を始めたので、ヤバイオバサンいる!とウケたみたいです。

ラジオではオバサンといわずにちゃんと「女性」って言ってくれています。

それで、3月から毎月ラジオを聴くようになりました。スマホのアプリで聴けます!

先日は投稿もしたら読んでもらえました!犬のお散歩バッグが弁当バッグに似ていた・・・という、ほんとにどうでもいい話です。

ユーチューブはこちらの音声を流してもらいました。

究極の悲しい話かもしれません。最終回にしようと思います。


30秒の悲しい話。第6回。

 


6月16日にカラオケに行って投稿していたジョイサウンドうたスキ動画が7/16に消えます

な、なんと、評価つけてくれた奇特な人がいて「評価1」になっています~

「BELIVE」(合唱曲)です。

 

www.joysound.com

 

まだ残ってるかな?

その日は中森明菜を主に歌いました。うたスキ動画に撮っておくと、客観的に聞けるのでいいですね。下手さがよくわかります。でも1ヶ月で消えるのがいいです。

うたスキ動画投稿者どうしコラボしたり、ブログみたいに交流がさかんみたいです。

私は無料ユーザーなのでそこまでできませんが。

 

 

hoozukireiko.hatenablog.com

 最後に私がなんかハマってるお笑い芸人、戦士ティブマイハートさんのユーチューブ番組を貼っておきます


1分間のどうでもイイ話・第87回【近藤真彦マッチ・ギンギラギンにさりげなくの話】

 

 

パナソニック FM/AM 2バンドレシーバー (シルバー) RF-P155-S

パナソニック FM/AM 2バンドレシーバー (シルバー) RF-P155-S

  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 にほんブログ村と人気ブログランキングとブログサークルに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

 

読者登録、チャンネル登録していただけたら喜びます

 

 

 

広告

Amazon CAPTCHA

 

   お名前.com

A8.net

楽天トラベル 楽天ブックス

骨髄ドナー登録は簡単だがドナーになるまでの道のりは険しい

 

f:id:hoozukireiko:20190905114303j:plain

こんにちは。

ブログの読者というのは絶え間なく流れる川の水のように、入れ替わっています。読者が500人いようとも、初めのほうの読者はどこかへ流れていってしまいました。

500人いても、アクセス数を見れば、読まれてないことがわかります。

でも、そんなことはどうでもいいことです。500人の方が少しでも私のブログに興味を持って読者登録してくれた・・・それだけで十分です。

で、最初のほうの読者って、骨髄ドナー体験を読んでくれていた人たちだと思うのです。その人たちがだんだんいなくなって、新しく読者になってくださった方は、骨髄ドナー体験は読んでないかもしれません。

なので、たまには骨髄ドナー関係のことを書かなくてはと思っています。

骨髄ブログってへんな名前だな~イカれてるな~ヤバイやつかな~

って思われているかもしれません。

「骨髄」は途中でいれたんです。

はじめは「hoozukireiko’s blog」だったと思います。登録するときデフォルトではいっていた「hoozukireiko's diary」のダイアリーのところを「blog」にしただけです。

なんも考えていませんでしたから。

骨髄ドナー体験は書き終わったのですが、ドナー登録に興味があって登録したいと思っている人のために、骨髄ドナーのことは時々は書いていこうと心に誓っていて、しょうもない記事でも投稿すればこのブログのことが誰かの目に触れると信じて、何かを綴ったりしています。

骨髄ドナー体験を綴っていくブログがだんだん雑記も綴っていくようなブログに変貌していったのはリモコン下駄夫(id:rimokongetao)さんと交流しはじめてからです。

リモコン下駄夫さんは特撮ヒーローや仮面ライダーが大好きで、よくそんなに見る時間あるなあと思うぐらいテレビや映画を見ていて、本もいっぱい読んで感想を書いています。小説も書いていて、すんごい破天荒なあるときはぶっとんだ短編小説なんですが(ごめんなさい)毎日書くという行為がなかなか普通の人にはできないことで、そういうわが道を突っ走っていくところがなんか好きなんです。彼がほかのブログにはてなスターをつけているところをほとんど見たことがありません。他の人のブログを読んでいる時間はあまりないと思われます。私のブログもほとんど読んでないと思います。私も読者登録しているブログを全部読んでいるわけではありませんから、読みたいときに読む、それでいいと思っています。

去年、お母様のご病気が発覚したときは、大変なショックを受けられていてブログをやめるかも・・・とおっしゃっていましたが、気を取り直して二つのブログで毎日更新を続けています。母親思いの優しい青年です。その後、お母様の体調はいかがでしょうか。たぶんというか絶対にリモコン下駄夫さんよりお母様の年齢のほうが私の年齢に近いです。

 私はちょっと太り気味以外は健康そのもので、めまいやひざの痛みなんかは年なのでときどきありますが、まだ骨髄ドナーになれる年齢です。健康を維持してやる気まんまんで待っています。骨髄提供は終わってみれば、本当にたいしたことなくて、後遺症もありませんでした。病気で入院して闘病中の辛さとはきっと雲泥の差です。最悪の場合死が待っている入院と、成功すれば生がまっている入院とでは気分的にも違います。

ドナー登録は献血の時に出来ますが、適合通知が来たらそのあとが大変です。 何度も病院に行ったり、家族も面談して同意して、そして自分の健康管理に非常に気を使います。

 

hoozukireiko.hatenablog.com

 

hoozukireiko.hatenablog.com

hoozukireiko.hatenablog.com

 

hoozukireiko.hatenablog.com

ドナー登録したきっかけは、滋賀に住む妹の旦那さんが白血病の闘病中でドナーが見つかるのを待っていたからです。ドナーは見つかりませんでした。現在、自宅療養中です。

ドナーが見つかって、移植を受けられたとしても、水泳選手の池江璃花子さんのように、退院して元気に社会復帰できるとは限りません。

はてなブログダッシュさんが貴重な記録を残されています。骨髄移植を受けた後も病気と戦っておられます。闘病中の妹の旦那さんと年が近いこともあり、勝手に応援させていただいています。

また、約一年、私の骨髄を移植した患者さんから手紙がこなかったので、経過がとても心配で、移植後の経過を記録していたダッシュさんを重ねていました。

移植の時期も年齢も違うのでダッシュさんはレシピエント(移植を受けた人)さんではありません。

 

 ブロガーバトンをダッシュさんから受け取りました

foodiedash.hatenablog.com


私はブロガーバトンを書くのが恥ずかしいので、少し前、一年後に予約投稿しました。

ブロガーバトンはこの記事を読んだ方全員に配ります。

読者登録してくれているあなたもそうでないあなたも

どうか受け取ってください。

今からの読者登録も大歓迎です。この記事にたまたま流れ着いたのも何かの縁です。ブロガーバトン、置いておくので拾って下さい。

 

これに従えばよいだけです。

f:id:hoozukireiko:20200707155037p:plain

 

 

hoozukireiko.hatenablog.com

 

こちらは勝手に応援しているじゅリンゴさんのブログ。

交流はしていませんが、病気がよくなってほしいと願ってほんとに勝手に応援していました。しばらく更新がなかったので心配していたのですが、近況報告してくれました。

 

juringochang.hatenablog.com

 

闘病ブログに限らず、突然更新がなくなると心配になります。

 

 

にほんブログ村と人気ブログランキングとブログサークルに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

 

読者登録、チャンネル登録していただけたら喜びます

 

 

 

広告

Amazon CAPTCHA

 

   お名前.com

A8.net

楽天トラベル 楽天ブックス

自分で言え! クソジジイ! と思ったけど言わなかった話

 

f:id:hoozukireiko:20190905114303j:plain

ポテトサラダのツイートで思い出しちゃった昔の話です。

「母親ならポテトサラダぐらい作れ」と知らないジジイに言われている母親を見たという人のツイートが話題になっていました。

自分で言え! クソジジイ! と思ったけど言わなかった話

息子が小学校1年生の時の話です。

季節は秋でした。

小学校にも慣れ、 お友達もできて、息子はひとりで自転車で遊びに行くようになりました。

幼稚園の時は子供だけで遊びに行かすようなことは、もちろんしていなかったのですが 、小学校に入ると、親が知らない人脈もできてきて、遊びに親が付いていくのもおかしな話ですから、 息子はその日も友達と約束をして遊びに出かけました。

暗くなる前に帰ってくるというのが約束でした。

でもその日は、もうすぐ日没だというのに帰ってきません。昼間が日に日に短くなっていく季節でした。

ですから、お友達のお母さんに連絡を取りました。そのお友達もまだ帰ってきていないとのことで、 手分けして近所を探しまわりました。

日が沈み暗くなってしまえば、探せなくなります。心配で心配でたまりませんでした。

私はあるマンションの駐車場入口の 消防車が止まるスペースでサッカーボールを蹴り合って遊んでいる 同じクラスの男の子とそのお兄ちゃんを見つけました。年子の男兄弟だから、やんちゃ系です。

「○○(息子の名前)見なかった?」と 声をかけました。

するとすぐ隣の一戸建てからジジイが出てきて、

「そこで子供を遊ばせないでください」と言ったのです。

保護者だと思われたのでしょう。あたしゃ、こいつらの親じゃないし、ただの通りすがりだし。 私は非常にムカつきましたから無視しました 。

窓から見てたんなら自分で言え!と思いました。今、遊び始めたわけではなかろうに。他人の子供に注意をするということは抵抗あることなのでしょうか。

子供が遊んではいけないところで遊んでいるのは親のせいだから、親に注意しなければならないとでも思ったのでしょうか 。もし、怖そうな父親らしき人がきたら、そのジジイは家から出てきたでしょうか。

 

私は謝る筋合いもないので完全無視。 早く息子を探しに行かなければならないので、そこで時間はとれません。その男の子たち、その日は息子を見ていないとのことだったので、私は早く行きたい。

いちおう、その兄弟に、ここで遊んじゃいけないらしいよ。もうすぐ日が暮れるから早く帰りなさい。 そう言いました。

周りを見ると、そこで遊ぶのは危険というより、そのジジイの家にボールが当たったりするから禁止になっているかのように、大きな看板がかけられていました。遊んでいた子供たちはそこのマンションの子ではありません。知らなかったのでしょう。

「もう帰りなさい」と言ったら、その兄弟が サッカーボールの取り合いを始めたのです。

めんどくさいけれど、話を聞いてみると、そのサッカーボールがそこに落ちていた、最初に見つけたのは俺だ、いや俺だ、だから俺が持って帰るみたいなことを言っているのです。 落ちてたんならあったところに置いときなさい!と言って私はその場を丸く収めました。その子たちも、きっと通りかかったらボールが落ちていたので遊んでしまったのだと思いました。

とにかくジジイにムカついていました。 この兄弟と親子だと思われてはたまらんから、さっさと立ち去りました。 後のことはどうなったかしりません。

ジジイの方は、何だあの親はと思ってるかもしれません。最近の母親は・・・と思っているでしょうね。

まもなく息子は友達のお母さんによって発見されました。

自転車の鍵を落としてしまって、二人で探していたとのこと。

そこで私は予備の自転車のキーを持って 、その場所へ行きました。

そして自転車のキーを挿しましたが、鍵が開きません。

なぜなら、鍵穴に、木の枝を入れてしまっていたのです。

実はその数日前、おもちゃにしていた本物の小さい手提げ金庫を息子がインキーしてしまい、私が針金で開けたのを見ていたのです (私、金庫破りするのが好きなんです) それを覚えていた息子は、自分も開けられると思って、小枝を突っ込んでいたのです。

どうしても自転車の鍵が開かないので、車輪を浮かしながら持って帰りました。

そして自宅前でお湯を掛けたりして、小枝をふやかしなんとか鍵を開けることができました。

ポテサラ爺のことでそんなことを思い出したのでした。

ポテトサラダを作るのは簡単か?

ポテトサラダは作るのがめんどくさいと私は思います。

作るのは簡単だとは思います。失敗する要素が少ないですから。

作るのは簡単でも時間がかかります。 仕事から帰ってきて 30分でご飯を作りたい時 、ポテトサラダを作る気にはなれません。 ポテトサラダはメインにならないからです。 メインにならないものに 時間がかけられないからです 。

また、ひとり分作るのと4人分作るのとでは、かかる時間も違います。

ポテトサラダを買っている人を見て、ポテトサラダも作れない人だと決めつけている?

作れるけど、買うことだってあるでしょう。事情をよく知らない他人にむかって、そんなこというのは変な人です。

決めつけるのは、老人に限ったことではありません。勝手な思い込みで、非難された、馬鹿にされたと勘違いして攻撃してくる人もいます。そういうときは、それを訂正するのもめんどくさくなります。だから、いちいち相手しません。

人を非難することで、自分がいい人になった気になっているなんてこともあります。

ポテサラ爺はネット上で非難されていましたが、非難したがり人間には格好の餌になりました。ポテサラ爺はポテサラを作ったことがないからそんなことを言うのだ・・・というのも、また決めつけです。決めつけは人を傷つけます。決めつけの刃です。

母親だから妻だから、 そんな時代は終わりです。

女のくせに・・・とかいう言葉も聞きたくありません。 

 

 

 

 にほんブログ村と人気ブログランキングとブログサークルに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
 

 

読者登録、チャンネル登録していただけたら喜びます

 

 

 

広告

Amazon CAPTCHA

 

   お名前.com

A8.net

楽天トラベル 楽天ブックス